美髪を目指すなら毎日の〇〇を変えてみよう!!

f:id:salondeheureux93:20190216172651j:plain

津市の”美髪プロフェッショナル”美容室(美容院)サロン ド ウルーの「勝田」です。

 

美髪を目指すなら毎日の〇〇を変えてみよう!!

美容室でトリートメントをしていても、何だか昔と比べて髪型が決まらなかったり、クセひどくなったり、広がっておさまらなかったり・・・

 

その原因をご存知でしょうか??

 

トリートメントは、ダメージの予防と補修です。

 

本当の原因は、毎日お使いのシャンプーかもしれません。一度、普段お使いのシャンプーを見直してみることをお勧めします。

 

シャンプーするたびに髪は痛む!!

シャンプーの、本来の目的は汚れを落とすことです。

 

毛髪は死んだ細胞なので、一度負ったダメージが再生することはありません。

ダメージ部分をごまかすことはできても、再生はしません。

 

髪は、濡れただけでも痛みますし、髪同士の摩擦でも痛みます。シャンプーの洗浄成分も、髪にダメージを与えます。

洗浄成分が低質であれば、その成分のせいで髪が傷み、この洗浄成分が上質であれば、その成分のおかげで傷ませずに洗うことができます。

 

 

美容室でのダメージ < ご自宅でのシャンプーのダメージ

 

 

美容室には、多い方でも年間12回くらいでは、ないでしょうか??シャンプーは、大体の方は、毎日されると思います。

 

年間約350回はご自宅でのダメージとなります。

 

なので、美髪を目指すには、まずは髪に負担をかけないようにシャンプーをすることが大切です。

 

シャンプーの良さは「洗浄成分」で決まる! 

 

シャンプーは「洗浄成分」が9割!にも関わらず、話題性や価格等でシャンプーを選んでいる方が多いと思います。シャンプーの良さは「洗浄成分」で決まります!!

洗浄成分の種類と特徴 

 

<高級アルコール系>

とにかく洗浄力が強く汚れが落としたい人向け。

「ラウリル硫酸ナトリウム」、「ラウレス硫酸ナトリウム」、「ラウリル硫酸アンモニウム」、「ラウリル硫酸TEA」、「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」など。

<特徴>

高級といっても値段が高いわけではなく、どちらかといえば安いものが多い
泡立ちが良いのが特徴。
汚れは落ちやすいですが、刺激が強く髪や頭皮にもダメージを与えることも。肌が弱かったり、髪や頭皮もしっかりケアしたい方・薄毛の不安がある方にはリスクもある種類。

 

 

<石鹸系>

肌が弱い人、自然派の人向け。

「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」「ラウレス-4カルボン酸」など。

<特徴>
頭皮の汚れをしっかり取って頭皮への負担が少ない。髪がしっとりするというよりもきしみやすい質感。髪を保湿したい方にはオススメできません。キューティクルを傷めることもあるので注意!!

 

 

<アミノ酸系>

髪の毛にツヤやハリが欲しい人。敏感肌の人 手触りもよくしっとりとした元気な髪の毛を作りたい人向け。

「ココイルグルタミン酸」「ココイルアラニン」「ラウロイルメチルアラニンNa」

(ラウリル硫酸、ラウレス硫酸、スルホン酸などが書いてあったら高級アルコール系シャンプーになるので注意!!)

<特徴>

洗浄力が弱い。値段が高い。皮脂汚れがひどい人(頭皮がいつも脂っぽい人)は洗浄力を物足りなく感じてしまう場合があります。軟毛やボリュームが出にくい髪質の方にはペタッと重く仕上がりになることもあります。

 

 

良いシャンプー見分け方

 

f:id:salondeheureux93:20190218140759j:plain

このような成分表がどのシャンプーにも必ずあるので1度チェックしてみて下さい。

成分表示の並び順は、配合されている量が多い順に記載がされています。2〜5番目くらいまでに書いてあるものが「洗浄成分」です。前の方に高級アルコール系の成分が入っていると、ダメージケアシャンプーと言われているものでも洗浄力が強く結果痛めてしまうので注意が必要です。

 

しっかりと髪に有効な成分が前の方に記載されてるか、悪い成分が前の方に記載されてないかをしっかり見極めてからシャンプーを選んで下さい。

 

正しいシャンプーの方法

f:id:salondeheureux93:20190223162716j:plain

①ブラッシング(目の荒いブラシで毛先から髪を梳かして下さい。)

 

②髪を充分にシャワーで濡らします(38℃くらいのお湯が一番汚れを取れやすくしてくれます。ここで髪についた汚れ・ホコリ等は、ほとんど落ちます。)

 

③シャンプーを手で泡立て頭皮につけます(できるだけ頭皮につくようにして下さい)

 

④指の腹で優しくマッサージするように洗う(爪を立てると頭皮が傷つくので注意)

 

⑤シャンプー剤が頭皮に残らないようにしっかりすすぐ(洗った時間の倍くらいの時間が目安です。ここで頭皮の皮脂汚れが落ちます。)

 

 

サロンシャンプーと市販シャンプーのメリット・デメリット

サロンシャンプーは、アミノ酸系・石鹸メインに洗浄力の補強のために、高級アルコール系を使っています。

市販シャンプーは、ほぼ高級アルコール系がメインに作られています。

(どちらも一部例外もあります。)

 

<サロンシャンプー>

メリット

・安全性が高い

・カラー・パーマの持ちが良くなる。

・必要な脂分を落とすことがないので髪や頭皮に負担がすくない。

・使い続けると髪の状態が良くなる

デメリット

・値段が高い

・泡立ちがやや悪い

・1回の使用では効果がわかりにくい

・ツルツル感が少ない

 

<市販シャンプー>

メリット

・1回の使用でも分かりやすい

・泡立ちが良く気持ちがいい

・値段が安い

デメリット

・必要な脂分まで落としてしまうため髪や頭皮に負担が大きい

・カラー・パーマが落ちやすい・かかりにくくなる場合がある。

・ダメージの進行

・ベトついて髪がペタンコになる

・パサつきがひどくおさまらなくなる

・髪が重くなってスタイリングが持たない

 

おススメシャンプー

実際使ってみて、洗浄成分の点と仕上がりの点で、良かったものをご紹介します。

成分の説明は、洗浄成分(赤文字)のみさせていただいております。

 

 

ルベル プロエディットシャンプー ソフトフィット

f:id:salondeheureux93:20190315133251p:plain
https://www.b-zone.biz/products/detail/106195

https://www.b-zone.biz/products/detail/106195

 

カラー・パーマをしていなく、敏感肌の方におススメです。頭皮に優しくしっかり汚れもとれます。さっぱりとした洗い上がりです。

 

成分

水、ラウレス-4酢酸Na、コカミドメチルMEA、ココイルメチルタウリンNa、ラウミドプロピルベタイン、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-47、フィチン酸、トルメンチラエキス、BG、香料、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、安息香酸Na、サリチル酸、メチルイソチアゾリノン

 

『ラウレス-4酢酸Na』

弱酸性の石鹸系成分。

洗浄力自体は結構高いのですが、頭皮や髪と同じ弱酸性なので刺激性は低い成分。この成分がメインなので、カラーやパーマの持ちはやや悪くなるので、注意が必要です。

『ココイルメチルタウリンNa』

弱酸性の性質で低刺激な成分です。

アミノ酸系に近く、頭皮や髪と同じ弱酸性です。ただ、他のアミノ酸系成分よりも洗浄力がやや高めなので、細毛の方やカラー、パーマを何度かしている髪であれば、ややパサツキが気になる可能性もあります。

刺激性が低くやや洗浄力がある成分が使いたい人にオススメの成分。

洗浄力は高めなものの、ハイダメージでもなければ普通に使えます。

『ラウミドプロピルベタイン』

ベビーシャンプーにも配合されるくらい皮膚および眼粘膜に対する刺激が極めて低く、洗浄力はマイルドな成分です。気泡力アップの為に配合されることが多い成分です。

低刺激・適度な洗浄力がありますが、一つだけ弱点が。
ちょっと残りやすいのですすぎをしっかりと。

 

 

 

インプライム シルキースムースシャンプー アルファ(さらさらタイプ)

f:id:salondeheureux93:20190315133759p:plain
https://www.napla.co.jp/products/imprime-shampoo/

https://www.napla.co.jp/products/imprime-shampoo/

カラー・パーマを繰り返しているダメージヘアの方におススメです。トリートメントが必要ないくらいサラサラな仕上がりです。香りが少し好みが分かれるかもしれません・・・。

 

成分

水、ラウロイルシルクアミノ酸K、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNa、BG、加水分解シルク、加水分解カゼイン(牛乳)、キトサンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、アルガニアスピノサ核油、シア脂、ダイズ種子エキス、ハイブリットサフラワー油、ヒメフウロエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-51、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ノバラエキス、ラベンダーエキス、ローズマリーエキス、タイムエキス、セイヨウノコギリソウエキス、セージエキス、イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、セラミド2、コレステロール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ココイルアルギニンエチルPCA、クオタニウム-18、クオタニウム-33、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PEG-20ソルビタンココエート、ポリクオタニウム-10、グリセリン、DPG、PG、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

 『ラウロイルシルクアミノ酸K』

シルク・コラーゲンなどタンパク質を加水分解して得られるポリペプチド(PPT)を元にして作られる成分。
皮膚・毛髪に対して低刺激で、非常にコンディショニング効果が高く、非常に高価な成分。ダメージ予防系のシャンプーに使用する事が多く洗浄力もあり刺激が少ないのですが泡立ちが少し悪いです。

 

『コカミドプロピルベタイン』

ベビーシャンプーに配合されるくらいマイルドな洗浄力&低刺激の洗浄成分。

気泡力アップ効果の為に配合されることも多々ある成分。

『ラウロイルメチルアラニンNa』

頭皮にも髪にも優しい低刺激&マイルドな洗浄力の成分。

洗浄成分なのにサラサラとした質感を毛髪に与えるという、ダメージヘアの人でも使用できるトップクラスの洗浄成分。

 

 

フィヨーレ Fプロテクトシャンプー ベーシック

 

f:id:salondeheureux93:20190315134351j:plain
http://www.fiole.jp/products/f_pro_sh.html

http://www.fiole.jp/products/f_pro_sh.html

低刺激・マイルドな洗浄力のシャンプーです。泡立ちがやや悪いですが、良成分が沢山入ってます。

頭皮が脂っぽい方にはおススメできませんが、ヘアケアには最適のシャンプーです。

成分

水、ラウラミドプロピルベタイン、ラウレス-4酢酸Na、ココイルアラニンTEA、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、DPG、コカミドメチルMEA、メドウフォーム-δ-ラクトン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、クレアチン、ゼイン、ジラウリン酸セラミドNS、ダイズステロール、カゴメエキス、α-グルカンオリゴサッカリド、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク、カキタンニン、サトウキビエキス、ヘマチン、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、PCA-Na、乳酸Na、グリセリン、ポリクオタニウム-10、PEG-1ラウリルグリコール、ラウリルスルホ酢酸Na、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ポリクオタニウム-47、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、プロパンジオール、オレイン酸ポリグリセリル-10、グルタミン酸ジ酢酸4Na、クエン酸、クエン酸Na、セテアレス-60ミリスチルグリコール、安息香酸Na、PEG-20ソルビタンココエート、カラメル、硫酸亜鉛、トコフェロール、イソプロパノール、エタノール、BG、メントール、香料

 

『ラウミドプロピルベタイン』

ベビーシャンプーにも配合されるくらい皮膚および眼粘膜に対する刺激が極めて低く、洗浄力はマイルドな成分です。気泡力アップの為に配合されることが多い成分です。

低刺激・適度な洗浄力がありますが、一つだけ弱点が。
ちょっと残りやすいのですすぎをしっかりと。

 

『ラウレス-4酢酸Na』

弱酸性の石鹸系成分。

洗浄力自体は結構高いのですが、頭皮や髪と同じ弱酸性なので刺激性は低い成分。カラーやパーマの持ちはやや悪くなるので、注意が必要です。

 

『ココイルアラニンTEA』

アミノ酸系の洗浄成分で、3,000円を超えるようなシャンプーによく配合される、髪や頭皮と同じ弱酸性の性質で洗浄力もマイルドな成分。

アミノ酸系の中ではそこそこ洗浄力が高く、しっとり系というよりも、サラサラ系の性質でカラー、パーマをしていても問題なく使える成分です。

 

 『スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na』

アミノ酸系などより若干高い洗浄力、泡立ちをもつ刺激はそれほど強くない成分。

 

成分表を見ると後半に記載されているのでそこまで配合量が多いわけでもないと予測され、洗浄力アップの為に配合されているのでしょう。

 

 

プロアクション フォーシー シャンプー
f:id:salondeheureux93:20190323162540p:plain
https://www.no3.co.jp/products/hair-care/proaction-forc/

https://www.no3.co.jp/products/hair-care/proaction-forc/

ヘアカラー直後のデリケートな髪を優しく洗い上げます。色落ちを抑えカラーを美しく保ってくれます。しっとりとした洗い上がりです。

 

成分

水、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、コカミドメチルMEA、グリセリン、PEG‐7グリセリルココエート、ポリクオタニウム‐10、ジステアリン酸PEG‐150、PCA、ジメチコンコポリオール、PCA‐Na、DPG、イソステアロイル乳酸Na、カタラーゼ、ベタイン、クレアチン、アルギニン、安息香酸Na、ペンテト酸5Na、塩化Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

 

『コカミドプロピルベタイン』

ベビーシャンプーに配合されるくらいマイルドな洗浄力&低刺激の洗浄成分。

気泡力アップ効果の為に配合されることも多々ある成分。

『ラウロイルメチルアラニンNa』

頭皮にも髪にも優しい低刺激&マイルドな洗浄力の成分。

洗浄成分なのにサラサラとした質感を毛髪に与えるという、ダメージヘアの人でも使用できるトップクラスの洗浄成分。

 

『ココイルグルタミン酸Na』

アミノ酸系の洗浄成分で、頭皮と髪と同じ弱酸性の性質で洗浄力もかなりマイルドな洗浄成分。

髪の毛にしっとりとした質感までも与えるという、洗浄成分の中でもトップクラスに優れた成分。

一番大切な事は自分は何を求めているのか?です。

お悩みは人それぞれ違います。

 本当に良いシャンプーとは、自分に合うのか合わないのか、一番の悩みが解消されるかだと思います。

これらを、参考にしていただき、是非ご自身に合うシャンプーを見つけて下さい!!

そして、 良いシャンプーを使って毎日のケアをして頂き美髪を手に入れましょう。

 

 

フェイスブックもよろしければ、お友達追加お願いいたします。

https://www.facebook.com/salondeheureux93/?ref=bookmarks

 

インスタグラムもお手すきでしたらご覧下さい。

http://instagram.com/salondeheureux93

最後までお読み頂きありがとうございます。